格安SIM 通話

格安SIMの種類で決まります

最初に格安SIMを機能面から分ける必要があります。大きく分けると二つに分けられ

「データ通信専用」と「データ通信+音声通話」これらになります。

まず「データ通信専用」ですが、「090」や「080」といった携帯電話番号での音声通話はできません。プランでも安いものが並んでいるのがこの「データ通信専用SIM」かと思いますが、高速のLTE通信やデータ通信に絞って提供しているため低価格で利用できるのです。

では、利用者も多い人気無料通話アプリLINEはどうなのかというと、条件付きで利用可能です。詳しい情報は専用のページを確認していただきたいですが、使えることは使えますが、データ回線を使った音声通話は、データも多く上限にスグ達してしまう可能性が考えられます。


一方の「データ通信+音声通話」は、上述の携帯電話番号での音声通話は可能です。番号は新規契約だけでなく、他社からの乗り換え(MNP)に対応している事業者がほとんどですので、今の番号を継続して使用することも可能です。

SMSも送信可能で、キャリアサービスは使えないですが、その他の部分は大手キャリアのスマホと同様に使えます。緊急電話も可能です。

異なるところ・注意点は、まずデータ通信専用よりも月額料金が高くなる点。およそ数百円から1,000円くらい高くなると言われています。しかしながら定額通話のサービスも出てきました。自分にあったプランを見つけたいところですね。他にも専用の通話アプリを用意してる業者もありますね。

 

大手キャリアのような無料通話や繰り越しといったサービスはありませんので、通話を特にされる方はキャリアのかけ放題プランの方がお得になる可能性があります。時間を気にしながら電話はストレスになりかねませんので、よくよく調べて購入しましょう。

 

まとめ

まとめると格安SIMでの通話は、あまり通話をすることはないが念のためや受電専用といった使い方が可能なユーザー向けと言えます。

ただ今後の動き次第では、通話もお得に出来るようになるかもしれません。

 

関連ワード

通話 / 格安sim 通話 / 格安sim 通話料 / 格安sim 通話定額 / 格安sim 通話のみ / 格安sim 通話品質 / 格安sim 通話アプリ / 格安sim 通話 最安 / 格安sim 通話なし / 格安sim 通話付き / 格安sim 通話 受信 / 格安sim 通話 タブレット / 格安sim 通話 英語 / 格安sim 通話錄音 / 格安sim 通話 sim / 格安sim 通話 iphone / 格安sim 通話のできるアンドロイド / 格安sim 通話平板 / 格安sim 通話料金 / 格安sim 通話紀錄 / 格安sim 通話し放題 / 格安sim 通話 比較 / 格安sim 通話無料 / 格安sim 通話 品質 / 格安sim 通話 レビュー /

ページトップへ