格安SIMとは

SIMカードと種類

まずはSIMカード(シムカード、Subscriber Identity Module Card)について説明をします。

 

スマホやタブレットでメールやインターネットをするためにはこの『SIMカード』が必要です。もしお使いのスマホがあるのならばそれには既に入ってることになります。利用者を識別したり回線情報などが入っており、それを抜いてしまうと何も出来なくなるはずです。

 

最近使われているSIMカードの種類は、大きい方から標準SIMMicroSIM(マイクロSIM)nanoSIM(ナノSIM)の3種類です。これは格安SIMを契約する際に必要になりますので、自分が使いたい機械にはどれが適合するのか調べておく必要があります。

格安SIMとMVNO

本題にいきますと『格安SIM』とは、

通常はドコモやauやソフトバンクなどの大手キャリアでスマホを契約した場合に予め入っているSIMカードではなく、それ以外の事業者が提供している低価格なSIMカードのこと。

 

その事業者をMVNO(仮想移動体通信事業者、Mobile Virtual Network Operator)と言います。

 

格安SIMはなぜ安いのか

なぜ安くなるのでしょうか。それはMVNOがドコモなど大手キャリアから回線を借り受けてサービスを提供しているからです。まとめて借りて小口に貸しているイメージ。

 

大手キャリアは通信設備やそれやサービスの維持に費用がかかりますが、借りてるだけですのでMVNOにはそれが不要。そのため低価格が実現できているのです。

 

なおMVNOとして参入している事業者は多くなってきました。NTTコミュニケーションズ、IIJ、BIGLOBE などがよく知られていますが、今後まだまだ増えてくるかもしれません。

 

関連ワード

格安simとは / スマホ 格安simとは / 格安simとは何ですか / 格安simtoha / 格安simとは何 / 格安simとは何か /

ページトップへ